オーシャンズスタイル

オーシャンズスタイル
produced by 横山浩介建築設計事務所
海を眺める暮らし

LIVING
OVERLOOKING
THE SEA― 海を眺める暮らし ―

リビング、ダイニング・キッチンから海を眺める。
テラスで楽しいひと時を海と共に。
寝室、浴室から安らぎの海を見渡す。

大自然の恵み「Nature Stage」
大自然の恵み「Nature Stage」 エントランスを抜けると
リビング越しに雄大な海が広がる

バスルーム パウダールーム
バスルーム・パウダールーム 水平線から昇る朝日、満天の星と月を
眺めながらの優雅なバスタイム

キッチン・ダイニング
キッチン・ダイニング 波の音をBGMに料理をする
日常の生活も心豊かな時間になる

2階テラス、1階ガーデン
2階テラス、1階ガーデン テラスで潮風を感じながら読書をしたり
ガーデンで家族・友人とBBQしたり
新鮮な魚介類

新鮮な魚介類に舌鼓したり

みんなでバーベキュー

みんなでワイワイしたり

ビーチで花火

BBQの後はビーチで花火をしたり

たき火

火を眺めながら語りあったり

楽しみ方は無限大

Infinite way to enjoy.

家から海を眺められる土地は価格が高かったり、
交通の便が良くなかったりする場合もあります。
そこまでのロケーションでなくても、
近くに海を感じられ、ふらっと海を眺めに行ったり、
マリンスポーツをしたりできるところでの生活でも
とても心地の良いものでしょう。

サーフィン

サーフィンをしたり

釣り

釣りをしたり

ビーチで読書

本を読んだり ウトウトしたり

子供と遊ぶ

子供と遊んだり ただ海を眺めたり

いつでもそこには海がある

There is always the ocean there.

海沿いにお家を建てる場合は
そのロケーションを最大限に活かしながらも
自然環境に耐えられるように対策をしなければなりません。

風対策
海側に大開口を設けて、海を一望できる家は理想的です。
ただ、海沿いは風が強く、海風を直接受けてしまいますので、風対策を行う必要があります。
その地域に見合った耐風圧のサッシを設けたり、海側の樹木の枝やその他の物が飛散してくる可能性がある場合はシャッターを設けたりする必要があります。
デザイン的にシャッターボックスやレールが気になってしまうようでしたら、それらを隠す納め方をすることも可能です。
それでも気になる場合は、シャッターをやめて、合わせガラスや防犯ガラス、飛散防止フィルムを使用して、万が一、ガラスは痛んでも被害が広がらないようにしてもいいかと思います。
建築計画にあたって何を優先するかによって変わってきます。
日差し対策
日差しも強いので庇を出して軒下空間を作るといいでしょう。
軒を深くして、太陽が高い夏は陽を遮り、太陽が低い冬は部屋の奥まで陽が降り注ぐ。
そのようにして暖房や冷房負荷を抑えられる空間構成にするといいですね。
日差し対策の庇
庇をしっかり出して、欲しい日差しだけを取り込む
塩害対策
外部の仕上げは鉄部が錆びないように溶融亜鉛めっき処理をした方が良いです。
よく公共の立体駐車場等でシルバーグレー色で仕上げられている塗装です。
給湯器やエアコンの室外機も耐塩害仕様は必須です。
日によっては潮風で洗濯物が乾きづらかったりしますので、室内干しできるユーティリティースペースを設けておくといいでしょう。
― 「海を眺める暮らし」候補地例
  • 【神奈川】葉山、鎌倉、湘南、藤沢、茅ヶ崎、逗子、辻堂、湯河原、箱根
  • 【静岡】伊豆、伊東・宇佐美、熱海、真鶴、富士
  • 【千葉】富津、館山、鴨川、木更津、南房総、外房
等など。どこも良いですね!もちろん、上記以外の地域でも設計可能です。

instagram

オーシャンズスタイル
別荘のようなリゾートライフを!
PLAY MOVIE


「わたしたちの家、大好き!」
と思えるお家を!

横山浩介

横山浩介横山浩介建築設計事務所 代表
お施主様にとって、家を建てることは一生に何度もあることではありません。
ご自宅でも別荘でも、お施主様が夢に描いているような理想的な家を実現するためには、
対話・ヒアリングは非常に重要であり、この部分には大きな時間を割くようにしています。
お施主様にとっての最高の家づくりをお手伝いすることが私の仕事だと考えています。
世界にたった一つの最高の家を造りましょう!

CONTACT

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

オーシャンズスタイル
[ オーシャンズスタイル ]
横山浩介建築設計事務所
  • オフィス神奈川県横浜市泉区和泉町6221-8
  • アトリエ東京都渋谷区神宮前1-17-5 原宿シュロス